気になる“あのウワサ”・“都市伝説”などをゆる〜く紹介。
「知る」ことは、「生きる」こと。世の中の謎を探検してます。

FullSi1zeRender
「今回紹介するのは、カフェイン。
それも、カフェインの致死量についてです!」

FullSizeRender
「あ、ちょっと気になるかも」

IMG_6551

FullSi1zeRender
「カフェインは、一度に約10g(10000mg)以上摂取すると致死量と言われ、中毒症状が出ると言われてるよ」

FullSizeRender
「へえ、どんな症状が出るんですか?」

FullSi1zeRender
「激しい吐き気やめまい、心拍数が上がって、最悪心停止。」

FullSizeRender
「え、心臓が止まっちゃうんですか?」

FullSi1zeRender
「だね。毎年のようにカフェイン中毒の死者は出て、救急搬送も年々増えてるんだって」

FullSi1zeRender
「下の表は、身近にある飲みもので何杯飲めば致死量に至るかの表だよ。この致死量は半数致死量といって、その量を摂取した個体の半数が死に至るという数字です」

種類1杯(缶)あたりのカフェイン致死量まで
コーヒー
237ml
約135mg約81杯
緑茶
237ml
約30mg約366杯
レッドブル
250ml缶
80mg約137本
モンスターエナジー
355ml
142mg約77本
リポビタンD
100ml
50mg約220本
眠眠打破
50ml
120mg約91本
エスタロンモカ錠
(カフェイン錠)
1回2錠
200mg約55日分

FullSi1zeRender
「ちなみに、カフェインの半数致死量は200mg×体重(Kg)で計算できるそう。
例えば体重60㎏の人なら200×60で12000mg、つまり12gが半数致死量となります」

FullSizeRender
「さすがに、飲み物だけで致死量まで摂取するのは難しそうですね。一気にコーヒー81杯は・・」

FullSi1zeRender
「そうだね。死亡した人の例では、エナジードリンクと眠気防止薬を同時に摂取し続けたりしてたみたい。」

FullSizeRender
「ああやっぱり薬を摂取しちゃってるんですね」



カフェインの許容摂取量         

FullSi1zeRender
「さらに、カフェインの一日の許容摂取量というのもあり、成人男性で約400mgとされてるよ。
これは、1日でこの量なら健康に影響はないよ、という目安だね」

 

種類1杯(缶)あたり安全な上限
(400mg)
コーヒー
237ml
約135mg約2.9杯
緑茶
237ml
約30mg約13.3杯
紅茶
237ml
約71mg約5.6杯
ココア
237ml
約106mg約3.7杯
レッドブル
250ml
80mg約5本
モンスターエナジー
355ml
142mg約2.8本
リポビタンD
50ml
50mg約8本
眠眠打破
50ml
120mg約3.3本


FullSizeRender
「え、これだと一気にハードルが下がりますね。コーヒー2.9杯なんて、これ以上の量を1日で飲んだことも普通にあると思うし・・・」


FullSi1zeRender
「そいでもってこの400mgは、短時間で摂取すると中毒症状が出る可能性がある量、とされてるよ」


FullSizeRender
「へえ、てことはコーヒーを一度に3杯以上飲むと危ないかも、てことですね」




まとめ              


FullSi1zeRender
「まあ耐性には個人差があるのと、最近は“茶葉2倍”とか“濃い”みたいなお茶もあって、カフェインも通常のより多いので注意が必要だね。

あと“妊婦さんは基本的にカフェインはとっちゃいかん”という医者もいるみたい。」


FullSizeRender
「チョコとかコーラにも確か入ってるんですよね〜」


FullSi1zeRender
「何で僕の好きなものには全部カフェインが入っているのだろうか?」


FullSizeRender
「完全にカフェイン中毒だな・・・」



Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
お問い合わせ
  • ライブドアブログ