気になる“あのウワサ”・“都市伝説”などをゆる〜く紹介。
「知る」ことは、「生きる」こと。世の中の謎を探検してます。

FullSi1zeRender
「今回紹介するのは、コンコルドです   」


FullSizeRender
「コンコルド?」

IMG_6678
FullSi1zeRender
「コンコルドは、2003年に全機が廃止された旅客機なんだけど、マッハ2以上というとんでもないスピードを誇った旅客機だよ」

FullSizeRender
「へー。マッハ2ってそんなに速いんですか?   」

FullSi1zeRender
「普通の旅客機がだいたい約マッハ1なので、約2倍の速さだね。時速でいうと2000km/h。
  普通の旅客機だと大西洋横断は7時間かかるんだけど、コンコルドは3時間で飛行してたらしいよ」

FullSizeRender
「へー、すご。それをなんで今は廃止しちゃったんですか?」

FullSi1zeRender
「まその悲しき運命も含めて、ご紹介をしていきます!」



【夢の超音速旅客機】

FullSi1zeRender
「まずコンコルドは、1962年にイギリスとフランスが共同で開発を開始。
超音速旅客機の開発という夢のプロジェクトで、巨額の資金が注ぎ込まれました」

FullSizeRender
「ふんふん。
あれ、イギリスとフランスって仲悪くなかったっけ?」

FullSi1zeRender
「それは・・・もっと昔の話じゃない??
で、試験飛行を繰り返し、開発から14年後の1976年には乗客を乗せての運行を開始」


FullSizeRender
「ほおほお。」

IMG_6672
FullSi1zeRender
「ただ、性能が超ハイスペックな分、いろいろ問題はあったらしい」

FullSizeRender
「ほお。どんな?」

FullSi1zeRender
「まず、超音速機ゆえに衝撃波(ソニックウェーブ)が発生しちゃうため、陸上の空は航行できず。基本的には海上しか飛べなかったんだって」

FullSizeRender
「ああ、速すぎてなんかマズイ現象が起きちゃうんですね」

FullSi1zeRender
「なおかつ、4基の巨大ターボエンジンが出す騒音により、空港付近の住民からの苦情も多かったらしい」

FullSizeRender
「あらら」

FullSi1zeRender
「しかし夢の超音速機。席は全てファーストクラスで、機内サービス含め全てが豪華。
イギリスの元首相、ブレアさんも搭乗しました」

IMG_6681

FullSizeRender
「なんか楽しそう。じゃあ安全性は問題とかはないんですね。」

FullSi1zeRender
「まそうだね。
で、セレブなどお金持ちの間ではそれなりの需要があったらしいんだけど、徐々に大きな問題が顕在化してきます」

FullSizeRender
「大きな問題?」

FullSi1zeRender
採算が合いません

FullSizeRender
「採算?ああ、儲からないってこと?」

FullSi1zeRender
「そうだね。」




【採算が合わず全機撤退】

FullSi1zeRender
「誤算としては、コンコルドを250機生産すれば採算がとれる計算だったんだけど、航空会社からの発注は20機だけだったみたい」

FullSizeRender
「だいぶ少ないな」

FullSi1zeRender
「航空券の価格は普通の旅客機の10倍に設定してたんだけど、
座席数も100しかないし、結局開発費や燃料費などで膨大な赤字だったんだって」

FullSizeRender
「あらら。便利なのも考えものですね」

FullSi1zeRender
「で、早々に撤退させりゃよかったんだけど、膨大な赤字を垂れ流しながら何十年も運航を続けてしまうんだよ

FullSizeRender
「え・・・、なんで?   」

FullSi1zeRender
「その理由は最後で説明するね」

FullSi1zeRender
「ほんで2000年に、コンコルドは大事故を起こします。
離陸直後に機体が炎上・墜落。乗員113人が全員死亡

FullSizeRender
「うわわ」

IMG_6675

FullSi1zeRender
「その事故もあり、コンコルドは2003年、巨額の損失を出したまま全ての路線を終了。実働は27年間」

FullSizeRender
「ああ、事故の後も運航を続けてたのね」



【失敗例として名を残す】


FullSi1zeRender
「話は変わるけど、行動経済学にこんな用語があります。“コンコルド効果”

FullSizeRender
「え、コンコルドってあのコンコルド?」

FullSi1zeRender
「そうそう。意味としては、
“ギャンブルなどで大損した人が、その損失が大きいがために、少しでも回収しようとギャンブルを辞められないこと”を指すらしい

FullSizeRender
「ああ、なるほど。
じゃコンコルドも赤字とわかってたけど、大量のお金がかかってきたから、やめるにやめられず続けちゃったみたいなかんじ?」

FullSi1zeRender
「そういうことだね。実際は初期段階から採算性を指摘する声も上がってたみたい」

FullSizeRender
「まあ、やめたくなかったのかな・・・・」

FullSi1zeRender
「そうだね。
商用的には失敗したけど、客をマッハ2のスピードで運ぶ旅客機はこの先も現れないだろうって言われてるよ。」

FullSizeRender
「なんか悲しいですね・・・。
さよなら、コンコルド」

IMG_6677



Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
お問い合わせ
  • ライブドアブログ