気になる“あのウワサ”・“都市伝説”などをゆる〜く紹介。
「知る」ことは、「生きる」こと。世の中の謎を探検してます。

今回紹介するのは、法律に関する雑学です。


必ず死刑になる犯罪についてご紹介。

FullSizeRender
「え? それって、殺人がそうなんじゃないの?」

FullSi1zeRender
「いやいや、殺人でも死刑になる犯人は少数だよ。相当な凶悪犯だけね」

FullSizeRender
「あそっか…」


FullSi1zeRender
その犯罪名はズバリ、
外患誘致罪(がいかんゆうちざい)。

刑法81条で、適用される刑が死刑だけという犯罪だよ」

FullSizeRender
「げっ」




外患誘致罪とは?適用例は?


FullSi1zeRender
外患誘致罪ってのは外患罪の一つなんだけど、
簡単に言うとこちら。

外国が日本を侵略したり攻撃したりするのを、助けたり共謀したりする行為


FullSizeRender
「え、なんか難しい…」

FullSi1zeRender
「要は、
日本を裏切って外国と一緒に日本の国を攻撃しようとしたら、許さんよ。 

外国に協力しただけでも許さんよ
て感じ」

FullSizeRender
「うーん、国に対して反抗したら罪が重いってことか」

FullSi1zeRender
「まあ、そうだね。
国家への反逆に対する法律なんだけど、むか〜しにできた法律たがら、ピンとこないよね。

FullSi1zeRender
しかも、外国と共謀が条件。
なのでテロ組織と共謀した場合は適用されないよ。あくまで、他国家との共謀が条件」

FullSizeRender
「む、難しいです…。
で、今まででこれで死刑になった人はいるの?」

FullSi1zeRender
「0人です」




適用が唯一検討された「ゾルゲ事件」


FullSi1zeRender
「過去にこの法律が適用された例はゼロなんだけど、
実は1度だけ適用が議論された事件があったの」

FullSizeRender
「ほお」

FullSi1zeRender
「その名も、ゾルゲ事件

FullSi1zeRender
「ゾルゲ事件は、1941年にロシアのスパイであるリヒャルト・ゾルゲが逮捕された事件。

ゾルゲは、記者と偽って日本に潜伏。
日本の情報をロシア政府に密告してたんだよ」

IMG_1556
                                          リヒャルト・ゾルゲ

FullSizeRender
「へー。でもその法律は適用されなかったの?」

FullSi1zeRender
「うん、この罪にあたるか検討はされたんだけど、適用はされなかったみたい」

FullSizeRender
「なんでだろ。外国人だからかな?」

FullSi1zeRender
「でもゾルゲは、治安維持法により日本で死刑になったよ」

FullSizeRender
「結局か〜い」


以上、
ありがとうございました〜。



Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
お問い合わせ
  • ライブドアブログ