気になる“あのウワサ”・“都市伝説”などをゆる〜く紹介。
「知る」ことは、「生きる」こと。世の中の謎を探検してます。

IMG_0005
「今回紹介するのは、バカへの対処法です!」

IMG_1605
「バカへの対処法?」

IMG_0005
「どこの世界でも、どうしょもないバカって必ずいるでしょ?」


IMG_1605
「まあ、いますね。いろんな種類がいるけど」

IMG_0005
「今回は、こんな感じのタイプのバカの対処法です」
■感情的になっちゃって何も話が通じなくなる

■何も知らないくせに自分の意見を押し通してくる
IMG_1605
「おお。確かにいるいる」

IMG_1742






バカに論理は通じない

IMG_0005
「まず、こーいう人と議論したりするのは、時間のムダなんだよね。
こちらがどんなに論理的に話をしても、関係なく感情的に自分の意見を押し通してくるから」

IMG_1605
「感情的になっちゃう人って、何を言ってとダメですよね」

IMG_0005
「そうそう。いくらこちらが筋道を立てて話しても、訳のわからんことを言ってくる。
こちらの話は聞こうとはしないよね」

IMG_1605
「てか、こんなん対処法なんてあんの?
どーしょもない気がするんだけど」

IMG_0005
「でも仕事場だったら、何とか対処して付き合っていかなきゃならんでしょ?」

IMG_1605
「まそうだけど」





バカの本質と対処法は?

IMG_0005
「まず、こういった人がバカである理由を考えることが大事」

IMG_1605
「バカである理由?」

IMG_0005
「バカに共通してるのが、“自分の意見を言いたがる”という点。
で、なんでそうなるかという理由。
こういう心理からなんだよ」
■賢いと思われたい
■かっこよく思われたい
■重要な人物だと思われたい

IMG_1605
「子どもっぽいのかな」

IMG_0005
「まあ、そうだね。
要は、プライドが高い。なので対処法としては、そのプライドを傷つけないことが大事なんだよ」

IMG_1605
「そのプライドが傷つくと、もう収まらなくなるって感じ?」

IMG_0005
「そうだね。具体的な対処としてはこんな感じ」
■正しい正しくないは、置いておく。

■バカに対し間違いを論理で指摘しても理解はできないため逆効果。

■相手の言い分を引用して話していく。

IMG_1605
「ほおほお。相手の言い分を引用っていうのは?」

IMG_0005
「バカはプライドさえ満足させればご機嫌になるので、相手の言ったことをオウム返しして話すんだよ。
こんな感じ」

『〇〇さんのおっしゃった〇〇は、確かにその通りで』
『〇〇さんも先ほどおっしゃっていたように』

IMG_1605
「うーん、とりあえずまともにやり合わず、ご機嫌をとってあげる感じか」

IMG_0005
「そうそう。相手のセリフを繰り返して言ってあげると、
自分の意見が通ったぜ〜って気になって、満足感を与えられるよ」




まとめ

IMG_1605
「でもなんか、根本的解決にはなってない気がする。結局バカがさらにエスカレートしてバカ度が増してく気がするんだけど」

IMG_0005
「そもそもバカと関わること自体が時間のムダなんだよ。
なので、機嫌だけとっといてこっちの時間を邪魔させないようにするってのが大事」

IMG_1605
「そっか。関わること自体がムダか。
バカにつける薬はないって言うもんね」

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
お問い合わせ
  • ライブドアブログ