気になる“あのウワサ”・“都市伝説”などをゆる〜く紹介。
「知る」ことは、「生きる」こと。世の中の謎を探検してます。

今回は、人体の雑学です。

欧米人(白人)の瞳はなぜ青い?
目についての雑学を、ご紹介します!

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「青い瞳って、なんかカッコいいよね」

AA123DBC-17EF-48C3-AD94-A79DF0907E56
「うん。ちょっと憧れるよね」

IMG_3475





欧米人の目が青いのはなぜ?


外国人の青い目、なんかカッコいいですよね。
特に白人である欧米人は、きれいな青い瞳を持っています。
日本人みたいなアジア人(黄色人種)は、黒や茶色系が多い。

人種によって目の色が違うのは、なぜなんでしょうか?

その科学的な理由が、こちらです。
■メラニン色素の量が多いと、虹彩は濃い色(茶色など)になる。

■メラニン色素の量が少ないと、虹彩は薄い色(水色など)になる
863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「虹彩?」

AA123DBC-17EF-48C3-AD94-A79DF0907E56
「虹彩(こうさい)は、いわゆる瞳(ひとみ)のこと。
欧米人はアジア人に比べメラニンの量が少ないから、虹彩の色が薄い。

逆にアジア人はメラニンの量が多いから、虹彩の色が濃いってことだね」


「虹彩」=「瞳」。虹彩は、カメラで言うと「絞り」の役割をしています。
その虹彩の色の違いは、メラニン色素の量の違いってことですね。

欧米人はメラニンが少ないので、瞳が青く、髪は金髪、肌は白。基本的に、色んなところが色が薄い
アジア人はメラニンが多いため、欧米人よりいろんな部位の色が濃いと言えます。


では、なぜ人種によってこういった違いが出るのでしょうか?

それは、メラニン色素の役割を理解するとわかります。

■メラニン色素は、紫外線を遮断する役割がある。


人類は、環境に適応して変化してきました。

赤道に近く太陽の日差しが強い場所の人たちは、メラニン色素が多く、目が黒い。

赤道から遠く日差しの少ない場所の人たちは、メラニン色素が少なく、目が青い。

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「ほお。じゃあ青い目の人は、太陽の日差しに弱いのか」

AA123DBC-17EF-48C3-AD94-A79DF0907E56
「そゆこと。欧米人は、日差しの少ない寒い場所に適応した人種ってことだね。
特に寒い地方の北欧などの人たちは、よりきれいな青色の目をしているよ」


外国人がサングラスを常にしているイメージがありますが、あれは仕方ないことなんですね。
太陽光から目を守らないと、モロに紫外線を浴びてしまうということです。

逆に黄色人種や黒人などは、メラニンに守られ太陽光には強いと言えますね。


ただ一つ、例外があるようです。
極寒の北極付近に住む「イヌイット」の人たちは、青ではなく茶色い瞳を持っています。

これは、雪に反射する光が強いためと言われています。

スキー場などに行くと、ものすごくに日焼けしますよね。あれって実は、地面の雪も太陽からの紫外線を反射するため、空からと地面からの両方から紫外線をモロに浴びているから。

雪原ってのは、目へのダメージもハンパじゃないんですね。

IMG_3480




見え方は違うの?

では、青い目の人と黒い目の人、見え方の違いはあるのでしょうか?

当然、入ってくる光の量が違うので、見え方は違っている可能性はあります。

しかしそれは明るさであって、に関しては見え方の違いは無いと言われています。




まとめ


以上です!

人類はそれぞれ、住む地域の環境によって体を進化させてきた。それが人種の違いなんですね。
それにより、目の色も違うってことでした。


AA123DBC-17EF-48C3-AD94-A79DF0907E56
「例えば日本人の髪が黒いのも、メラニン色素が多いからだね。
実は、黒髪は太陽からの紫外線を吸収してくれてるんだよ」

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「すごいなメラニン。髪、そろそろ黒に戻そかな…」



Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
お問い合わせ
  • ライブドアブログ