気になる“あのウワサ”・“都市伝説”などをゆる〜く紹介。
「知る」ことは、「生きる」こと。世の中の謎を探検してます。

さて今回紹介する話は、ホラー
心霊写真についてです。

それも、わたくしが撮ってしまった実際の心霊写真のご紹介です!

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「げっ…」



これ心霊写真じゃね?


みなさん、心霊写真とか信じますか?

私は、信じてません。
基本的にオカルト系のものは信じていない。
けど、ホラー映画とか怖い話が大好きなんですよね。

作り話とわかっていながら、なぜか無性に怖い系のものを観たくなる…。
まあ、私みたいな変人けっこういるから、ホラー映画やオカルトネタは存続してるんでしょうけど。

心霊写真なんかもよくメディアで見ますが、だいたい「作りもんだろ」「合成だろ」って感じで冷めた目で見ています。

実際、作りもんでしょうからね。


ただ、自分の実体験の中で未だに1つだけ、「解せぬ!」ってものがあるんです。

それが、こちらの写真。↓

FullSizeRender

これ、私が小学生の頃、別荘の前で撮った写真です。
当時、連休になると家族で山梨県の別荘に行ってたんですね。

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「別荘…金持ちだな」

AA123DBC-17EF-48C3-AD94-A79DF0907E56
「金持ちちゃいますので…」


当時のインスタントカメラ、写ルンですで撮った写真です。
まあ若い人は知らないですよね…。今どきフィルムのカメラもほぼ使われてないし。


で、写真の場所は別荘の前。
うちの別荘はポツンと建っていて、周りは広い林に囲まれています。なので、いつもペットの2匹の犬を自由に放してたんですね。

周りにもポツポツ他の別荘が建っているんですが、この時は人が全くいませんでした。

しかし!人が写ってるんですよね…
拡大します。
IMG_3823

しかも、着物を着た女性?みたいな感じ。
あきらかにこっちを見ている…。

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「うーん、実際にそこにいたんじゃないの?」

AA123DBC-17EF-48C3-AD94-A79DF0907E56
「いや、絶対にいなかったんだよ。
そもそも誰かがこんなとこにいたら、うちの犬達が無視しているわけないんだよ。

奥にももう1匹いるでしょ?その犬が知らん顔でお尻をむけている。ありえないんだよね…


863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「げげっ…」




本当に心霊写真なのか


心霊写真なんて信じない私は、ひたすら悩みました。
木が人に見えてるのかな?
飛んでる虫が写り込んだのかな?
自転車のホイールに何かついてたのかな?


結論として、人にしか見えず…

着物を着て、手を後ろで組み、こちらを見ている女性にしか見えず…。

家族含め、誰に聞いても人にしか見えず


納得がいかないんですが、今でも迷宮入りとなっています…。




他にも怪奇現象が


そもそも、着物の時点で違和感ですよね。
現代においては、たまに祭りとかで浴衣を着るとかってありますが。
まずこんな草むらに浴衣で入り込むのは、無理があります。


実はこの別荘なんですが、他にも不可解な現象があったんです。

それがこちら
◆夜中に壁がドンドン(爆音)鳴る
◆急にテレビのスイッチが入る
863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「え…ヤバイじゃん…」

AA123DBC-17EF-48C3-AD94-A79DF0907E56
「夜中に家族で寝ていた時に、壁がドンドン鳴り出し、家族4人全員飛び起きたんだよ。
しばらく続き、止んだっていう…」


テレビの他にも、CMプレイヤーがいきなりスイッチが入るとかもありました。
これに関しては、電磁波などの影響でそういう誤作動もあるということで、科学的な根拠を調べてギリギリ整理はつきました。

しかし壁のドンドンは、全く原因がわからない状態。
家の中の壁なので、誰かが外から叩いているわけでは無い。小動物が出せる音では無い。

少し調べたら「ウォーターハンマー現象」というのがあり、少し現象が似ていると思いました。
しかしこれは水道管からの音なので、音の発生源が違う…。迷宮入りとなりました。





まとめ


以上、私の体験した怪奇現象。
心霊写真と、怖い体験についてのお話でした。


実は後日、調べてわかったことがあったんです。
それがこちら。

別荘があった場所は、かつてサナトリウムという結核療養所があった。

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「結核療養所?」

AA123DBC-17EF-48C3-AD94-A79DF0907E56
「そう。結核は昔は不治の病。
感染者はサナトリウムに隔離され、最期を迎えていったんだよ」
IMG_3824


まあ、何が言いたいかというと、写真に写ってた女性はもしや結核患者の幽霊だったのか?ってことです…

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「幽霊とか信じないのに?」

AA123DBC-17EF-48C3-AD94-A79DF0907E56
「いや…もはやそれしか説明つかないのよ…。ほら結核の患者さん、確かにみんな着物きてるでしょ…」

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「げげっ。マジだ…」




以上です!

こういう体験はありましたが、特に家族に不幸が起きたとか、そういうことは特にありませんでした。変な写真もこれ1枚だけでしたしね。

未だに霊的なものは信じていない私ですが、
ていうかむしろ
「そんなもん信じてたら生きていけねえよ!」
って感じなんですが、この写真だけは幽霊に見えて仕方ない。モヤモヤ感が残っております。


お付き合いありがとうございました〜。
それでは!

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
お問い合わせ
  • ライブドアブログ