気になる“あのウワサ”・“都市伝説”などをゆる〜く紹介。
「知る」ことは、「生きる」こと。世の中の謎を探検してます。

さて今回紹介する雑学は、
東京タワーですね。

それも、東京タワーで起きたちょっと不思議なお話をご紹介。

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「不思議なお話?」

IMG_6287



2012年におきた謎の現象


東京タワーは、知らない人はいないですよね。

1958年に完成した電波塔。

実は当時は、エッフェル塔を抜いて世界一の高さを誇っていたんですね。
今や東京スカイツリーにお株を奪われてますが…。


その東京タワーですが、
2011年におきた東日本大震災でダメージを受けました。
頂上部分のアンテナが曲がってしまったんですね。

IMG_6285

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「ホントだ…。わかりにくいけど…」


そのため翌年の2012年に、
その曲がったアンテナの支柱の修理を実施したんです。


それで支柱を切断した時、
こんな事がおこりました。

支柱の中から軟式野球のボールがでてきた。

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「え…野球のボール?」

AA123DBC-17EF-48C3-AD94-A79DF0907E56
「そう。野球のボール。
その支柱は、東京タワーの地上306m部分にあったやつなんだよ」

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「え、なんで…?」

IMG_6283
IMG_6284




なぜ野球のボールが?


謎ですよね。

ボールが隙間とかに挟まってたとかじゃなくて、内部に入ってたわけですからね…。

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「まあ、誰かが入れたんだろうけど…。
どうやって?」


その後、いろんな憶測や可能性は挙がったんですね。

◆建築資材を空き地などに保管していた時に、子供が遊んでいたボールが紛れ込んだ。

◆建設作業員が記念に入れた。

◆建設作業時にボールをなんらかの目的で使い、そのまま残ってしまった。


しかし、もはや真相はわからず。
建設当時の1958年からずっと野球ボールが入っていたことは、確実なようです。

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「げっ。建設の時に気づかないのも、どうかと思うけどね…。
作業員が記念に入れたとか、絶対やっちゃダメでしょ…」

AA123DBC-17EF-48C3-AD94-A79DF0907E56
「まあね。
ちなみにこの野球ボール、今でも謎の軟式ボールとして東京タワーのメインデッキに飾ってあるとの事です」




以上、
ありがとうございました〜








Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
お問い合わせ
  • ライブドアブログ