気になる“あのウワサ”・“都市伝説”などをゆる〜く紹介。
「知る」ことは、「生きる」こと。世の中の謎を探検してます。

今回は、映画のレビューですね。


映画宇宙いちばんあかるい屋根
の感想&レビューをお届けでっす。

image



家族の絆


いやー、久々に映画館で映画を観ました。
14年ぶりぐらいかな〜。

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「は?そんなに…」

AA123DBC-17EF-48C3-AD94-A79DF0907E56
「映画はめっちゃ観るんだけど、ひたすらDVDだったからね」


今回は、あまりにも暇だったので、観に行きました。
たまたま上映中の作品の中でも一番良さそうなのを選んだという、かなりテキトーな感じでしたね。



さてさてこの作品。
「宇宙でいちばんあかるい屋根」は、2020年公開の映画。
野中ともそさんの小説を映画化したものですね。
当然、原作は読んでおりません。



感想は、こんな感じでした。

家族の絆(きずな)を描いた作品

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「ザックリだな〜…」


少女がいろんな経験をして、成長していく。
そんな成長物語なんですが、
最大のテーマは「家族の絆」「家族の大切さ」だと感じましたね。

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「で、おもしろかったの?」

AA123DBC-17EF-48C3-AD94-A79DF0907E56
「もちろん。不覚にも途中で泣いてしもうたしね。
でも、前半はあまりにも淡々と話が進むんで、少し退屈だったかな」

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「ありゃりゃ…」



とにかく俳優の演技力が光ってました。

主演の清原果耶ちゃんの演技はもちろん素晴らしいのですが、
母親役の坂井真紀、父親役の吉岡秀隆が圧巻の演技だったかな。

状況的にちょっと複雑な心境を持った難しい役なのですが、見事に演じてます。
さすがベテラン俳優ですよね。

何があろうが、親が子供を想う気持ちや愛情は変わらない。
無償で不変の愛なんですね〜。



ちなみに、
坂井真紀水野美紀が出演してたので、さらにここに酒井美紀水野真紀がもし出てたら、かなりカオスでしたね。危ない危ない。

863CB4A5-D086-4897-9AF3-16F221351136
「アホくさ…」

image



「星ばあ」の名言


AA123DBC-17EF-48C3-AD94-A79DF0907E56
「それでは最後に、星ばあの名言集を紹介して締めましょう!」


◆これからどんどん恋をするけど、一つ一つを大切にしろ

◆時間はもっと気持ちよく使え

◆後悔は、行動してからしろ

◆血が繋がってるとか繋がってないとか、関係ない



ところで、
星ばあってよく考えたら、
「この世に未練があって成仏できなかった幽霊」じゃね?
て思ったのは、私だけでしょうか。


以上、
ありがとうございました〜

image





Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
お問い合わせ
  • ライブドアブログ